銅めっき鋼線のはんだ付け性は良好

銅めっき鋼線「マックワイヤーCP」はレジンフラックス、活性化フラックスともにはんだ付け性は良好です。

バネ成形加工後の低温熱処理により銅めっき表面に酸化皮膜が発生しても、はんだ付け性に大きな影響は見受けられません。

低温熱処理時の銅めっき表面の清浄度が高いほどはんだ付け性は良くなります。

また真空炉や無酸素雰囲気中で低温熱処理を行えば、銅めっき表面に酸化皮膜が発生しないのでさらにはんだ付け性は良くなります。

製品に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせ

TEL. 072-466-0022
【受付時間】9:00~17:00(土日除く)